« 三菱一号館美術館~「三菱が夢見た美術館」展(11/3まで) | トップページ | 古印材(その5) 田黄(でんおう)三点 »

2010年9月15日 (水)

古印材(その4) 黄寿山(こうじゅざん) 刻「渇睡漢」(かっすいかん)

黄色がかったクリーム色で,楕円形の美しい印材です。中国では古来黄色は,皇帝の皇と黄色の黄の発音が同じであることから,皇帝のみが使用できる高貴な色になっております。


丸の内逍遥~銀杏堂ブログ


印面には大変に趣きある書体と巧みな刻により「渇睡漢」(かっすいかん)とあります。


丸の内逍遥~銀杏堂ブログ


丸の内逍遥~銀杏堂ブログ

「渇睡漢」は,「大漢和」によりますと六一物語に出て来ます。科挙の勉強に疲れて,眠そうにしているが,大変優秀な人物の意とのことです。


34×20×40mm ¥63000(税込)


銀杏堂HPはこちら

« 三菱一号館美術館~「三菱が夢見た美術館」展(11/3まで) | トップページ | 古印材(その5) 田黄(でんおう)三点 »

商品情報」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 三菱一号館美術館~「三菱が夢見た美術館」展(11/3まで) | トップページ | 古印材(その5) 田黄(でんおう)三点 »